FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


経産婦のお産は本当に早かった!?前駆陣痛から出産まで

待望の娘出産!!
ついに、産まれました!
3260gの元気な女の子です。
とても小さくかわいいです(●>v<●)
長男がガッツ石松みたいで3725gと大きく産まれたのでよけい小さく感じるのでしょうか(笑)
しかし、他の子を見ると。。。
うちの娘が一番大きい!!∑(゚□゚;)
そして一番ガッツっぽい。。。(笑)
看護婦さんからも大きいねと言われます。。。(⌒_⌒;ハハ

経産婦の出産は早いを胸に!
今回の出産は前駆陣痛が長く、お産はあっという間でした。
(あまりの早さに立ち会えませんでした。。。。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 号泣)
よく、経産婦のお産は早いといいますよね。
僕たち夫婦はその言葉を胸に、お産準備を進めていました。

前駆陣痛が始まった
出産日の10日程前から妻に前駆陣痛が始まりました。
長男同様、深夜から定期的な痛みがあり、数時間で止まるというものです。
妻の場合は、深夜から明け方までの3時間程度続くパターンが多く、間隔は前駆陣痛初期は30分程度の間隔で、出産日が近づくにつれて、20分程度と短い間隔になりました。

これも前駆陣痛!?
出産日の前々日は18時頃から前駆陣痛が始まりました。
間隔は30分程でしたが、いつもと違うタイミングだったので陣痛が始まったのだと思っていました。21時頃から20分間隔に縮まりました。
縮まったといっても12分間隔や19分間隔と安定せず、30分よりは短いという感じです。
病院からは15分を切ったら連絡するように言われていたので、病院に向かう準備を進めながら待ちました。
0時を過ぎ、痛みの間隔が7分、15分、11分と15分を切ることもしばしば出てきたので病院に連絡しました。
(僕は爆睡で3歳の息子が妻に付き添って電話したそうです。笑)
すると、間隔が安定して10分を切ったら病院に向かうように言われました。

出産の前日はこの安定しない前駆陣痛に悩まされました。
僕たち夫婦は陣痛ではないかと思っていたのですが、産婦人科の先生によると前駆陣痛だそうです
出産日前日は一日中、7分、11分、8分、6分、17分と痛みの間隔が安定しませんでした。
再度病院に連絡しても、やはり「安定して痛みの間隔が10分を切ったら」という説明でした。
10分を3回連続で切ったら病院に連絡しようと決めて待つのですが、全然安定しません。
しびれを切らして、夕方病院に連絡。そんなに心配なら一度診ましょうということで病院に向かいました。

病院で陣痛を測る装置をつけ、診察が終わると、先生からは「前駆陣痛ですね。子宮口は2cmしか開いていないのでまだまだでしょう。」とのことで、帰宅しました。
子宮口2cm。痛みが一日以上続いているのに前駆陣痛という現実に妻は少しヘコんでいるようでした。
寝れない日が続いているので辛そうです。
帰宅すると、もう少しかかりそうだね。現状がわかっただけでも少し安心だから寝れるタイミングで寝ようね。と話しながらベットに入りました。(22時頃)

どこからがお産!?
2時間後の0時頃、妻に起こされました。
破水した!!
妻の様子と破水の様子を確認すると今にも産まれそうとまでは見えなかったので、病院とタクシーに連絡を入れて、笑える状況ではないけど笑いながら病院に向かう準備をしました。
ネットで、「診察時にはまだまだ産まれないと言われて帰宅すると破水して、すぐに出産した」という記事を見ていて、まさか自分たちが同じようになるとは思っていなかったのです。。。(笑)
病院に行き、診察してもらうと、破水はしたものの陣痛はなく(前駆陣痛的な痛みはありましたが)、子宮口もまだ開いていないので、ご主人は帰宅してください。とのことでした。
看護婦さんに「絶対立ち会いたいので、もし出産になるようなら、間に合うように連絡ください」と伝え、妻を残して僕と息子は帰宅しました。
(いきなりの息子の登場ですが、普段はおちゃらけている息子ですが、病院に向かう際は機敏な行動でした。赤ちゃんに会いたいのだとか(∩_∩)

帰宅後、息子を寝かしつけましたが、僕は寝付けず、W杯を観ながらおきていました。
朝方5時過ぎに病院から、分娩台に乗るので来てくださいと電話がありました。
すぐに、タクシーを呼び、急いで向かいました。(全然寝ていない息子も素直におきてくれました)
病院に着くと、「産まれましたよ」
僕は、「あはは、ウソでしょ。」といって立ち会うべく分娩室に向かいました。
が。。。5分前に産まれていました。。。涙

経産婦のお産は早い!!
娘の出産は破水から始まりました。
破水後の妻はあまり痛みがなかったそうで、分娩台に乗る直前までウトウトと少し寝ていたそうです。
痛みで目覚めてナースコールすると子宮口が開いてて分娩台に乗ったそうです。
分娩台に乗ると痛みがなくなったそうで、先生からも自分のタイミングで息んでと言われたそうですが、痛みがなくタイミングがわからなかったとか。(笑)
という具合で妻のお産自体はナースコールをしてから40分程。
陣痛はほとんどないという結果でした。

産後の妻と話しても、前駆陣痛の方が痛いし、長いし、辛かったそうです。(笑)
息子のときは陣痛から始まり、14時間かかっているので大違いです。
ほんとうに出産は人それぞれでそのときによって違うんだと実感しました。

本当にあっという間のお産でした!
立ち会いたかった。。。


スポンサーサイト


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク集
最新記事
最新コメント
いくつになったの
ブロとも申請フォーム
ブロとも、相互リンク大歓迎です(*・_・*)ゞ

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

しょうきち

Author:しょうきち
2年前に東京から福岡に移住。
4歳の息子と0歳の娘を持つパパです。
父と子のかかわりを遊びやイベント情報、役立つ情報を交えて発信します。

楽しく子育てをすることを目的に、ゆくゆくはパパ同士のつながりを作っていきたい。ワークライフバランスを考えた生活をするための情報発信もしていきたい。。。なんてことも思っています。
マイペースに欲張りすぎずに欲張って更新していきます!

ランキングに参加しています。
click ↓↓ ∈(@゚ー゚@)ヨロシクネ♪
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク
☆お問い合わせはこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

よろしくお願いします
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。