FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク


アンパンマンのおしゃべりあいうえお教室で遊びながら練習して、息子がひらがなを覚えた方法

親戚からのお下がりです
3歳の誕生日がすぎた頃、小学生の親戚の家に遊びにいきました。
そこで息子が目を付けたものは、大好きなアンパンマンのおもちゃです。
その中から特に気に入ってしまった、「電車セット」と「あいうえお教室」をもらってきました。
おもちゃが増える〜( ̄ロ ̄lll)なんて思っていました。笑

アンパンマンの声が好き
アンパンマンの声で「あ、い、う、え、お」などと、押したひらがなに合わせて発音することがおもしろいようで、適当に押しながら遊んでいました。
次第に表示されている「ひらがな」とアンパンマンの声の「音」が結びついてきたようでアンパンマンの声に合わせて発音するようになってきました。
アンパンマンあいうえお教室

アンパンマンがほめてくれる
「?」は問題という認識があったようで、「あいうえお教室」にある「?」を押して問題を解きたがるようになりました。
問題は、アンパンマンが発音した単語を押すという内容で、「1」と「2」の2種類あります。
「1」は2文字の単語、「2」は3文字、4文字の単語です。
正解すると「ピンポーン!すごいすごい!」とアンパンマンがほめてくれます。
初めは一緒にやりました。お手本をみせてあげながら次第に息子に「ここかな?」などと聞きながら一緒に解いていきました。アンパンマンにほめてもらえる事が嬉しいようで問題をして遊ぶことが多くなりました。
慣れてきたら競争をしました。僕に勝つとニコニコですが、僕が先に答えを押すと悔し泣きです。(〃∇〃)笑

ひらがなを読めるたびにほめました
やり始めてから2ヶ月程度でしょうか。気がつくとひらがなを覚えてしまっていましたΣ(・Д・ノ)ノ
テレビの字幕などでひらがなが出てくると、「Eてれ」を「てれ」というようにひらがなだけ読み上げるようになりました。
このころから絵本を読んであげるときにも、ひらがなは自分で読んでみたりと「読めることがうれしく、たのしくなっているようでした。」
そのときに大切にしていた事は、読むたびに、「よく読めたね!がんばって覚えたもんね!すごいね!」などとほめてあげることです。
(子供をほめるときは結果だけ、すごいね、頭いいね!などとほめるよりもがんばった過程をほめてあげるほうがよいそうです。)
そして、半年も経たないうちにひらがなの絵本はひとりで読めるようになり、カタカナも読み始めるようになりました。

壊れていてカタカナ・英語シートがありません
「あいうえお」教室にはカタカナと英語を勉強する機能もついています。
しかし、お下がりが故、付属品がないのか、壊れているのか、カタカナと英語を学ぶ部分がありません。( ̄□ ̄;)
それでも英語モードにして、英語の発音に合わせて、「hello」などと発音していますが。。。笑
※カタカナを覚えた方法については次の機会に。

こうして、3歳半を前にしてひらがなを覚えました(o^ー')b

アンパンマン アンパンマンの new おしゃべりあいうえお教室英語付き

中古価格
¥2,980から
(2014/7/31 12:24時点)





↓↓ランキングに参加しています。いつも1票ありがとうございます!とても嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


スポンサードリンク


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク集
最新記事
最新コメント
いくつになったの
ブロとも申請フォーム
ブロとも、相互リンク大歓迎です(*・_・*)ゞ

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

しょうきち

Author:しょうきち
2年前に東京から福岡に移住。
4歳の息子と0歳の娘を持つパパです。
父と子のかかわりを遊びやイベント情報、役立つ情報を交えて発信します。

楽しく子育てをすることを目的に、ゆくゆくはパパ同士のつながりを作っていきたい。ワークライフバランスを考えた生活をするための情報発信もしていきたい。。。なんてことも思っています。
マイペースに欲張りすぎずに欲張って更新していきます!

ランキングに参加しています。
click ↓↓ ∈(@゚ー゚@)ヨロシクネ♪
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク
☆お問い合わせはこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

よろしくお願いします
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。